危険性が高いハチ駆除|プロならアフターフォローもバッチリ

南京虫の被害に注意

南京虫は別名をトコジラミともいう吸血性の昆虫です。畳のすき間や寝具などにひそむことが多く、刺されると激しいかゆみを引き起こします。南京虫駆除には殺虫剤が有効ですが、本格的な対策を望むなら専門の駆除業者に依頼するのが早道です。

もっと読む

自宅での駆除対策

ハチ

ベランダや庭や玄関にハチの巣が作られていた場合、素手で取るのは大変危険です。駆除するときには、必ず駆除方法を調べてから行いましょう。ハチに刺されると命が危険にさらされることもありますから、ハチ駆除を行う時には必ずハチに攻撃されても良いように専用の防護服を身に付けてください。専用の物ではなくても、ハチに攻撃されても防御できるものなら大丈夫です。ハチの視野はモノクロと言われています。色が濃いものほど敵とみなして攻撃してくるので、白いものを身に付けましょう。黒は厳禁です。頭から足の先まで完璧に防護しなければなりません。専用の防護服を購入するのが一番ですが、レンタル業者もあるので安く済ませたい人はレンタルする方法もあります。

ハチ駆除は薬剤を使用して行います。ハチの活動が緩やかになる時間がベストなので暗くなる前の日の落ちる時間帯が良いでしょう。通行人がいないことを確認してから行ってください。そして防護服を身に付け、ハチ駆除に必要な道具を一式揃えてから行いましょう。ハチの巣にめがけて薬剤を噴射します。1本丸々使い切るまで噴射し続けてください。ハチの動きが弱くなった頃に長い棒などを使用してハチの巣を叩き落とします。そして落ちた巣をすばやく袋に入れて捕獲しましょう。二重三重にしておくと安心です。そのまま処分すればハチ駆除は完了します。自分で行う自信がなければ駆除専門の業者もありますので利用してみましょう。1万円から2万円程度が相場です。

都市部で被害が増えている

ハクビシン被害は農村部だけではなく都市部にも広がっています。天井裏にすみつく事もあり、柱や壁を破壊したり天井板を糞尿で汚染します。駆除するにはハクビシンの生態を良く知って罠を仕掛ける必要があります。ハクビシン駆除業者に頼めば、こういった作業を全て任せることができます。

もっと読む

素人では危険です

野生のアライグマには、決して素人が手を出してはいけません。家の屋根裏に住み着いてしまうことがありますが、その時は専門の駆除業者に依頼しましょう。また、駆除だけではなく、再侵入対策や糞尿の処理についても確認しておきましょう。

もっと読む